先斗町 禊川

京都でフランス料理を味わうなら ≪先斗町 禊川≫

HOME»  フロマーズ、ウォールペーパー他

フロマーズ、ウォールペーパー他

Frommer's Guide Book ★★★
フロマーズガイドブックにて、「先斗町 禊川」が紹介されています。

Frommer's Guide Book

 

Dining here could well be the culinary highlight of your trip. For more than 25 years -- long before fusion cuisine burst onto the scene -- this lovely and exclusive restaurant has been serving nouvelle French cuisine that utilizes the best of Japanese style and ingredients in what could be called French kaiseki. It's located on narrow Pontocho, which parallels the Kamo River and is one of Kyoto's most famous nightlife districts, in a century-old renovated wooden building that once belonged to a geisha. Dishes are the creations of owner/master-chef Teruo Inoue, who trained with a three-star Michelin chef and successfully blends the two cuisines into dishes that are arranged like a work of art and served on Japanese tableware. Although four set meals are offered, diners are often asked for their preferences and dislikes, with favorite foods incorporated into at least one dish. The dining experience is enhanced by an English-speaking staff, who explain the ingredients of each dish as it's presented, and by an extensive wine list, culled from Inoue's annual visits to France. Seating options include a L-shaped counter with tatami seating and leg wells; an informal counter for customers who prefer to order a la carte dishes (written in French and changing regularly) while watching chefs at work; private tatami rooms; and my favorite, an outdoor summer veranda overlooking the river. Note that the L-shaped counter and veranda add a 10% service charge and private rooms add a 15% service charge. This is a great place for a splurge.

 

ここで過ごす食事のひと時が、旅先での最高の思い出になるであろう。
もう20年(現在30年)以上もの間、今これほどまでに創作的な料理が世に出回るもっとその以前から、この素晴らしく、他には類を見ないこのレストランでは、伝統的なフランス料理と日本の最高の料理の出し方のスタイル、そして食材などを取り入れた、いわゆる”フランス会席”とも言うべき形を創りあげ今日までに至っているのである。
こちらのお店は鴨川沿いの京都で有名な花街の一つである先斗町という場所に位置し、その建物はかってはお茶屋という百数十年もの木造の建物である。その独創的な料理の数々を生み出しているのが、ミッシュランの3星を持つシェフから手ほどきを受けたこともある、オーナーシェフの井上晃男氏である。それぞれ異なる食文化を、一つの料理として和の器に盛り付けられるその見事なまでの融合は、まさに食の芸術と言えよう。
メニューは4つのコースから成り立っているが、お客様はそれぞれの好き嫌いや好みを聞いてもらえ、もし希望の食材などがあれば最低でもどこかにひと皿組み込んで頂くことができる。こちらでの楽しい食事の雰囲気をより一層盛り上げてくれるのが、英語を話せるスタッフであり、それぞれの料理に使われている食材の数々を料理が盛り付けられている通りにちゃんと説明をしてくれることや、井上氏が毎年フランスまで自ら出向き買い付けをしてくるワインを載せた、充実したワインリストがあることなどである。
お席としては、畳でありながら足が楽に伸ばせるL字型のカウンターや、目の前でシェフの仕事の様子を見ながら、アラカルト料理(フランス語表示・随時変更あり)の注文を好まれるお客様の為の気楽な雰囲気のカウンター席、畳の個室のお座敷、そして私自身のお気に入りの川が見渡せる外の夏の床席などである。注釈としては、L字型のカウンター席と床席は10%、個室は15%のサービス料が掛かる。が、一品料理を頂けるカウンター席はサービス料は掛からない。

この店は至福のひと時が過ごせる、まさに最高の場所である…。